マシュマロ占話①「質問なのですが、30を過ぎて普通の恋愛って、できるのでしょうか?訳ありと言ってしまったら言葉が悪いですが…【追記】お返事いただきました☆

marshmallow drink

Photo by Natalie Grainger on Unsplash

「質問なのですが、30を過ぎて普通の恋愛って、できるのでしょうか? 訳ありと言ってしまったら言葉が悪いですが、ある程度の年齢になると、既婚者が独身者を装って、遊びの相手を探していたり、実は子供がいたなど、不道徳な人の割合が増える気がして、不安に思っています。 占い上、いくつまで恋愛が可能など、縛りのようなものはあったりするんでしょうか?」

マシュマロ投げ子6番さん

こんにちはー!

マシュマロ6個目なので、6番さんにしますね(また物議をかもしそうな番号付け方)。でも占いについてのご質問なので「占話」として、こちらは①です(だからややこしいって)。

 

結論からお話しますと、占い的には何歳でも恋愛はあります!

まず、占いは宇宙の意思を読み解くために存在しています。

私たちが生きているのは必ず宇宙の中です。宇宙>地球>人間、となっており、人間は、生まれてから死ぬまで宇宙から出ることはできません。まるでお釈迦様の掌の上の孫悟空状態です。右往左往する孫悟空には、お釈迦様の意志など理解できないのです。そんな感じです。

そして宇宙が人間のために存在している訳ではないからこそ、人間の意に介さないことも当たり前に起きます。

何なら、宇宙が存在するために、もっと言うと、宇宙の運用のために地球が存在したり、その中に人間が存在して、ワーキャーする(させている)んだと思います。断定は永遠にできませんけれど。

極端な話、王子様を待ち続けて98歳で出会うこともあります。すぐあちらの世界に行くかも? しかし、日本人での最高年齢は118歳ですから、そこから10年は恋愛をするという物語も、可能性としてゼロではありません。これも恋愛といえば恋愛です。

恋愛はある。しかし選べない。いつあるかも分からない。もちろん、恋愛を1回もしない、という人もいるでしょうし、100回の人もいるでしょう。

でも、いち人間には、好き嫌い、やりたいかやりたくないかといった決定権はないのです。恋愛の気を持っているから持っていないか? をざっくり見るのが占いです。でも、あくまでざっくりですし、恋愛の気を持っていても成らないことも、持っていなくとも成ることもあります。宇宙の意志は、一部でも知ることができるだけでもありがたいのです。

まとめると、宇宙は人間の意など全く何にも気にしていないので、占い的に答えるなら、いつでもどの瞬間でも、恋でも愛でもあり。となります。

 

ところで、6番さんのご質問は「30歳を過ぎて恋愛ができるのか?」というだけでなく、恋愛に「普通」がついています。何気なく書かれた言葉だとは思うのですが、これがまた象徴的だなと、ここ数日、何度も6番さんのご質問を反芻し、どう答えたなら6番さんの不安を少しでも和らげることができるだろうか? と考えていました。

6番さんが普通に使っているであろう「普通の恋愛」って、一体どんな恋愛なのでしょうか?

そして、6番さんがもし「普通じゃない恋愛」に出会ったら、「普通じゃないから、いらない!」とかなるのでしょうか。

嘘がある恋愛は、普通じゃない恋愛?

どちらかに配偶者が居たら、普通じゃない恋愛?

訳がある人とは、普通の恋愛ができない?

…私が想像するに(違っていたらごめんなさい)、6番さんは6番さん以外の価値観や言葉に振り回されている気がします。

なぜなら、恋愛の経験があったなら「普通の恋愛」という言葉にはならないはずだから。もちろん経験がないことが悪いことではありませんが、経験がないことに挑戦する前に、身構えて「普通以外の恋はしたくない」となっている気がします。

また、確かに結婚していることを隠して遊ばれるのはたまったもんじゃありませんが、実はお子さんがいるというのは別に不道徳じゃない(嘘はよくないですけれど)ので、色々と、単純に想像の中で不安が膨らんでしまっているのかなと感じました。

不道徳な人は、付き合わなければいいんです。ただそれだけなんです。出会っても、別に好きにならなければいいだけです。それで終わりです。確かに情報を後出しする方はいますが、出された瞬間に終ればいいし、嫌いになればいいと思うのです。

でも、6番さんは、何のために恋愛するのでしょうか。

普通に、当たり障りのない感じで、それっぽく人と交流するため、でしょうか?

だとしたなら、どんなに深い縁で結ばれた相手と出会ったとしても、そして付き合ったとしても、『恋愛』はできないかもしれません。

だって、恋愛って「普通じゃないことをするため」にするから。

もっと言うなら、恋愛って「ありとあらゆる失敗をすること」でもあります。

どんなに人間的に友達が多く好かれている人でも…どんなに素晴らしく仕事ができる人であったとしても…

相手のたった一言に深く傷ついて、伝えたい言葉を上手く伝えられず誤解されて、連絡が来なくて浮気してるんじゃないかな心配になって、LINE既読無視されて不安になって、こんなに頑張ってるのに何でうまくいかないのって泣いて、眠ろうとしても相手のことを考えてしまって眠れなくなって、ひどく腫れた目で仕事に行って同僚に大丈夫?ってひどく心配されたり、仕事の合間に何度も何度も相手のことを思い出して仕事が手につかなくなって、何なら仕事を盛大ミスって上司に怒られて。

実は、これこそが恋愛なんです。

つまり、『恋愛』という言葉には、すでに「普通の状態ではないことを楽しむ」という意味が含まれているのですね。

(語弊はあります。でも、そうなんです)

だってもし、全ての願いが叶うような恋…幸せ「だけしかない」恋愛は、恋愛じゃなくて、むしろ…温泉? 

そもそも論、感情のジェットコースターを楽しむのが恋愛ですから、もしかすると6番さんの求めているものは恋愛のカテゴリーには存在していないのかもしれません(恋愛の定義は自由であれど、恋愛中という言葉は基本、ステータス異常を示す言葉なので)。

恋愛ドラマ、と銘打つものはすべからく人間が「普通じゃなくなること」を見て楽しむもの。ということはつまり、ということなのです。

もちろん、純愛がいい、とかなら分かります。不倫がいやだ! もいいでしょう。

でも「普通の恋愛をしたい」というのは、「桃源郷へ行きたい」と同義の言葉ということが、分かっていただけたはずです。

(一応確認しようとぐぐったら和歌山県に桃源郷があってコーヒー吹き出しそうになった私です。あるんかい!)

 

ここで6番さんの不安に立ち返りましょう。

6番さんの不安を本気で解消するためには「普通の恋愛」という概念こそ疑ってみることが必要なのかもしれません。そして簡単に人を「訳あり」にカテゴライズをしないこともオススメです。

訳ありの人もいろんな種類がありますし、本人の意志とは関係なく訳ありになっちゃっただけかもしれませんし、自分も相手から見たら訳ありかもしれないですし。

まぁ、私がここでこまごまいうよりも、恋愛の渦中に一度巻き込まれてしまったならそれ以上の回答などないので、もう説明のしようはないっちゃーないです。

あと、ちょっと思ったのは6番さんはきっと「普通の恋愛をしたい人」なのではなく「失敗をしたくない人」のだと思います。

でもそれって、くじで「1等しか当てたくない」のような感じです。

今まで、くじを引いて、はずれたり、5等だったり、2等だったりしたことがあったと思うのですが、この1回目に引くくじで1等しか当てたくないと願うことが、どれだけ自分にプレッシャーをかけ、さらにくじすら引けない状態にするか。

先にも述べた通り、失敗はします。恋愛=失敗 としても過言ではないのです。

だからこそ、ハードルを下げて、何なら「失敗してやるぞ!」とすることが、恋愛のチャンス自体を増やし、本当の意味での良い恋愛関係を築くことができる相手といずれ出会えるようになるのです。

今、目に映る多くの「恋愛・結婚でなんかいい感じ(に見える)の人たち」は影でありえない失敗を山ほどしています。

なぜなら、黒歴史という過去の恋愛の屍の上にしか、恋愛での勝利の旗は立てられないからです。恋愛とは、そういうものなのです。きっと。

それでも「恋愛」を「自分が認めた人とだけ」「普通に」したいなら、やっぱり既婚者が増えてくる30歳以上からはハードル上がると思うのです。ですが、朗報です! 男性の生涯未婚率はぐんぐん上がって2019年でに23.4%もあります。会う人、3人~4人に1人は未婚です。行くところ選べば、その数値はもっと高まるでしょう。やったー! (喧嘩を売っているわけではない)

人口の半分4600万人が独身に…20年後「超独身大国」日本の恐るべき実像

男性23.4%、女性14.1%…生涯未婚率の現状と今後(2019年公開版)

自分が出会えるかどうか? はさておき、数字は嘘をつきませんから、このことは安心する材料として使えるはずです。

どうでしたか?

ここまでの話で、6番さんが少しでも不安じゃなくなっているといいな~と思います。

 


6番さんへ。

「恋愛したい」

私は、それでいいと思います。

そこに

※ただし普通の恋愛に限る
※ただし不倫は除外
※ただし嘘をつく人は論外
※ただしバツあったら不可

と、付け足していくと、IKKOさんが

いや、ときめきーーーーーーー!!!!!

恋の特権はときめきーーーーーーーー!!!!!

と言います。チョコプラの松尾さんかもしれませんが。

 

ときめいて、恋して、それでいいじゃんて思うのです。

私は、占い師として不倫のご相談も普通に聞くので、不倫反対とかではないです。が、私はしません。しませんが、恋は恋じゃんと思うのです。

また、あんまり訳ありを避けると、逆に訳ありと付き合ってしまうフラグが立ちます。これは世界の仕組みです。避けるということは、その存在にエネルギーを注ぐということですから、本気で嫌だとしたら、目に入っても文句を言わないで黙殺すること。また、嫌な相手を避けるイメージをするよりは、好ましい相手を思い浮かべる時間を多くとるといいと思いますよ♡

恋愛の練習として。

まずは1人、6番さんが本気で応援できる、尊敬できる人を探してみてください。尊敬する気持ちは、恋の導入に一番近い気持ちだと思いますので。

結婚している? いいじゃないですか。実際に手を出すのはアレですし推奨はしませんが、想っているだけなら恋愛の練習になります。

彼女がいる? いいじゃないですか。結婚しているわけではないんですから、自分からアプローチしなくとも相手に選ばれるような自分になれば。

恋愛って、そんなに普通のものじゃないし、美化できるものでもないです。

命に関わるような悪いやつとは付き合わなくてもいいけれど(いや付き合ってもいいけど)、恋愛ってすごーく自由なんですよね。今の、現代となっては。特に特に。

(横道ですが、お仕事で占いの文章を書いていても、(古くからの慣習であった)相手を「異性」と書くことすら無い時代なのです)

心配なお気持ちも理解できますが、思い切って楽しんで下さい。振り切って! 自分の限界を超えて! え? これが自分? って、是非なって下さい。

そして、もし、恋愛で「これどうしたらいいの?」って状態になったら、いつでもご相談お待ちいたしております(*´▽`*)←いきなりの営業ぶっこみ!

今回も想像で補完しておりますゆえ、大きな間違いあったらごめんなさい。6番さんにとって、1つでも得るものがあればいいなと! 願っております!

愛をこめてーーー!


お返事いただきました(^▽^)未知の世界って美しい部分だけが見えちゃいますよね(私にとって結婚はそうです笑)! 何も考えず、思い切ってぶつかっていきましょーーー♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください